コンテンツへスキップ

クリーニングについて知る

クリーニングの中でも様々な種類や加工があります。
このページでは、クリーニングの種類やその特徴を紹介しています。

クリーニングの持つ役割

衣類は着用することで様々な汚れが
汚れた衣服は洗いたての衣服と比較して、「通気性」や「保温性」などが低下しており、雑菌が増えることでニオイが発生する原因も増えます。
また、汚れた衣類を放置すると、衣類自体の色や繊維も劣化し、「虫食い」や「カビ」の発生原因にもなります。

これらを防止するためにクリーニングを行うことで、

  1. 汚れやシミを除去して清潔感を保つ
  2. 雑菌を除去して衛生的に保つ

事ができます。

クリーニングの種類

ドライクリーニング

ドライクリーニングは、水洗いすると劣化してしまう(縮み、型崩れ、色落ちなど)ような衣類を、水の代わりに油を原料とした溶剤で洗う方法です。

ドライクリーニングでは、皮脂や油汚れなどの家庭ではなかなか落とすことの難しい油溶性の汚れを落とすことができます。
また、水で洗うことに適していない絹・ウールなどを洗うこともできます。

ウェットクリーニング

ウェットクリーニングは、ドライクリーニングで落とせない汚れを落とすために水洗いする方法です。

家庭での水洗いとは異なり、機械を使用した温度管理や特殊な洗剤及び保護剤に加えて、専門の知識や技術を使用しますので、家庭で行うよりも衣類の劣化のリスクを抑えて洗うことができます。

スーツやセーターなど、本来ドライクリーニングで処理すべき衣類でも、汗や食事の汚れなどのドライクリーニングでは落としきれない汚れを落とすために使用されます。

家庭での洗濯とクリーニング店でのクリーニングとの違い

ドライクリーニング

皮脂やファンデーションなどの油溶性汚れを落とすためのドライクリーニングは、特殊な機械や溶剤を使用するため、家庭ではできません。
クリーニング店にご相談、ご依頼いただく必要があります。

強力な殺菌や洗浄

クリーニング店では同じ水を使用したクリーニングでも、家庭ではできない高温水洗浄(60℃以上の温水)を使用して洗うことができます。
これにより、家庭用洗濯機では落とせない汚れや雑菌をキレイにすることができます。

LD ロゴ新潟県クリーニング生活衛生同業組合
Copyright © 2022 Niigata-prefecture cleaning All rights reserved.